The 2nd TAC-Keio SFC-TOMODACHI Entrepreneurship Seminar & Business Plan Competition 参加要項

主催者からのメッセージ

 一年経った今も、復興に向けて多くの人が試行錯誤を繰り返し、新しい社会をつくろうと努力しています。震災からの復興、地域再生、日本経済の発展には、「世の中の様々な問題を新しい手法で解決しよう」、「自らのアイデアでもっと良くしよう」という企業家精神(アントレプレナーシップ)を持った人材が必要です。そこで、米国大使館/東京アメリカンセンターと慶應義塾大学SFCでは、起業家や支援者、メンター、ベンチャーキャピタリスト、研究者等を多数お招きし、セミナーとビジネスプランコンテスト、更には丸一日、東北の学生が企画設計を行なった「東北Day」というコンテンツも設け、学生と支援者のコミュニティを形成する機会を提供します。「アントレプレナーシップとは何か」から始め、自分たちのアイデアのブラッシュアップ、著名起業家との接点、全国の学生同士のネットワークの形成を、4泊5日の短期集中で得ることができます。

 以下の要領で参加者を募集しますので、皆さんの参加をお待ちしています。


イベント参加条件

1.日本全国の大学生・大学院生であること。
2.以下のテーマに合致した社会への問題意識がありそれを解決しようとする熱意を持っていること。
3.チームでエントリーすること。メンバーは最大5人までで、個人での参加は不可です。
 (一人より二人、二人より三人。協力者が多いほど、成功確率は高まります。)


イベントテーマ

『アントレプレナーを日本中に』

 皆さんの身の回りには、様々な不便なところや気になる社会問題はありませんか?大学生活はもちろん、日々の生活や地域での活動など、様々な問題が 眠っています。これらの多くは、皆さんの少しの捉え方、考え方を変えることで解決策がわかることがあるかもしれません。誰かが困っていることを解決しようという起業家精神、無理と思わずに動いてみようと言うチャレンジ精神を持って考えてみてください。地域・行政・ 教育・人材育成・一次産業・ものづくり・ITサービス・NPOなど、分野や企業、事業の形態は問いません。

自らが挑戦することで、社会を変えるきっかけを掴みましょう!


参加要項

現在、申し込み受付中です。
応募期間は、7月7日〜7月31日(火)18:00ですので、締め切りに遅れずにご応募ください。
応募要項に関しては、こちらよりダウンロードして下さい。
2012年7月31日(火)18:00までに tac-keio@kiep.ne.jp までメールで送付してください。


書類審査に関して

上記の審査基準をもとにご提出頂いた書類を参考に審査を行い、優秀案件10チームを本セミナー&コンテストに招待します。
北海道・東北・北関東地区から5~6チーム、関東以西から3~4チーム、関東地区から1~2チーム程度の通過を予定しています。


費用に関して

交通費(実費相当分で最大8,000円程度)をこちらで負担する予定です。
なお、宿泊場所は当方で用意しますので、参加者の個人負担はありません。